ホームページに戻る

想いでの馬

ミスターシービー1

ミスターシービーが、20世紀の終わりに逝った。
言わずとしれた名馬だが、あの馬にはいろいろと
思い出がある。

シービークインとトウショウボーイの子の、ミスターシービー
がデビューしたときは、すごい逃げ馬か、スピード馬のなると
思った。しかし、出てきたのは.ナンとすごい追い込み馬、

ミスターシービーの主戦騎手の吉永正人とは、寺山さんの
お気に入りの騎手で、勝ち星の割りには、極端なレースぶりと
寺山効果で、人気があった。

わたしも そんなファンの一人で、そのころ吉永が、乗っていた
強い馬のモンテプリンスが、先行抜けだしを
するのが、面白く無かった。

そんなときに現れたミスターシービー

兎に角最後方から行き追い込む、そして勝つ
なんて気持ちのいい競馬をするのだろうか?
共同通信杯から、引退まで 関東でのレースは、
すべて見に行くことになった。
ちなみに報知新聞の寺山、最後のコラムは、ミスターシービー
の皐月賞であった。

とりあえず 続く。

ギャロップダイナ

ギャロップダイナのこどもと言えば、
岩手のマウンドギャロップがいる。
あまりぱっとしないが、父のように突然
走り出すかもしれない。

ギヤロップダイナは、6才の秋まで、ダートのオープン馬
としては強い、と言う程度の馬だった。
しかし天皇賞で、あのシンボリルドルフを差しきってから
逆転の妙味を、私に教えてくれる馬になった。
札幌日経オープンで、落馬しながら一番最初にゴールしたとき
夜のニュースで、この馬は、騎手が嫌いなのかと 女アナウンサーが
ぼけたが、実はギヤロップダイナは、人間のために走るのがきらいだったようだ。

その秋の天皇賞、でシンボリルドルフがゴールに、迫るとき外から
やってきたくせ者、あの日は、シンボリルドルフが負けた日で
ギヤロップダイナが天皇賞馬になった日と人は、言わない。
アナウンサーもあの時、あっと驚くギャロップダイナと思わず
いってしまっていた。

その後もマジに走ったのは、安田記念だけで、特に、スタンドの前から
スタートするのが嫌いという人間嫌いは、彼らしかった。